あゆみの整骨院(石巻市蛇田新西前沼)

【2018年6月6日(水)石巻かほく掲載】

◇スポーツ相談にも対応

あゆみの整骨院(石巻市蛇田新西前沼)

「患者さんが笑顔になれるよう頑張っていきたい」と話す鈴木院長

 石巻市恵み野から5月7日に移転開院し、新たなスタートを切った。オーナーの鈴木善博院長(34)は整骨院で修業を重ね、2012年7月に28歳の若さで開業した。

 「東日本大震災発生後、東松島市内の避難所回りをした時、腰や首などのマッサージで、若い世代やお年寄りに喜ばれたのが開業を早めるきっかけになった」

 小さい頃からスポーツマン。整骨院にはよくお世話になっていたという。東陵高(気仙沼市)の野球部時代に、ひざに大けがをしたことで、機能回復や体の痛みを和らげる柔道整復師の技術の重要性を認識。将来の進むべき道を決めた。

 「小中高校生のスポーツ世代には“兄貴的存在”でありたい。体のメンテナンスやトレーニング方法など、いろいろな相談にも乗りたい。中高年世代には体の機能改善につながるようお役に立てれば」と語る。

 開業以来、オーダーメードの治療がモットー。「研修会や講演などで新しい情報を積極的に吸収しながら当院に通って、患者さんが笑顔になれるよう頑張っていきたい」と話している。

地図:石巻市蛇田新西前沼208番24街区1画地
■メモ
営業時間は午前9時~正午、午後2~7時(ただし土曜は午後5時まで)。
完全予約制。
休診日は水曜午後と、日曜・祝日。
石巻市蛇田新西前沼208番24街区1画地。
連絡先は0225(23)2543。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)