2018/05/23,24 日本フィルハーモニー交響楽団「復興支援コンサート」

ミニカメラリポート

支援コンサート
日フィルと市民、音楽通じ触れ合い
石巻・あとりえDaDa

 日本フィルハーモニー交響楽団(日フィル)のメンバーと石巻市民が音楽を通じて触れ合った。先日、同市八幡町2丁目の「川辺りの散歩道 あとりえDaDa」で開かれた復興支援コンサート。地元の中高生が共演する演出もあり、会場いっぱいに詰め掛けた市民を楽しませた。

■ウェーバーの「クラリネット五重奏曲」が室内に響き渡る。身近な演奏が癒やしの音となって広がっていった
五重奏が室内に響き渡る
■石巻中3年で吹奏楽部に所属する成沢俊哉さん(左)がクラリネットで特別出演。緊張の中にも充実感で満たされる
石巻中3年生がクラリネットで特別出演
■武田真由子さん(中央)=宮城学院高3年=らモダンバレエ教室「マイダンスショップ」の中高生が演奏に合わせてダンスを披露。楽しい共演で魅了する
モダンバレエ教室の中高生も出演
■心温まるコンサートに、詰め掛けた市民は感動。立ち上がって拍手する女性も
詰め掛けた市民、感動

【2018年6月2日(土)石巻かほく掲載】


日フィル、室内楽で復興支援
24日は中高生がダンスで参加

 日本フィルハーモニー交響楽団による復興支援コンサートが、24日午後7時から石巻市八幡町2丁目の「川辺りの散歩道 あとりえDaDa」で行われる。当日は午後6時40分開場。

 バイオリンとビオラ、チェロ、クラリネットによる室内楽。演奏曲目は、パッヘルベルの「カノン」、ウェーバーの「クラリネット五重奏曲」よりエリック・サティの「ジュトゥヴ」、葉加瀬太郎の「冷静と情熱の間」、日本の民謡から「浜辺の歌」など予定。クラリネットを学んでいる中学生による演奏も。

 DaDaを教室にモダンバレエを習っている地元の中高生も参加し、演奏の合間を彩る。

 入場無料だが客席が限られている。連絡先は川辺りの散歩道・三浦さん090(2026)4558。

 復興支援コンサートは、前日の23日もある。午後7時から同市小船越の川の上・百俵館。演奏のみで、モダンバレエによる中高生の参加はない。

【2018年5月20日(日)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください