川柳(5/26掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

◎夏の軽装キャンペーンは冷房電力の節減から始まった。若い人はそれでよいだろう。高齢者には、いろいろ小物を持ち歩く事情があり、ポケットの少ない服装では不便なのだ。保険証と診察券におくすり手帳。財布と眼鏡をどうしよう。

===

◎ クールビズ診察券はままならず  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  秀樹逝くYMCA天空で  (石巻市蛇田・鈴木醉蝶)

  二刀流笑顔と所作も決まってる  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

  拉致家族北がコートを脱ぐ日待つ  (石巻市蛇田・日野信吾)

  大川小寄せては返す津波かも  (岩沼市土ヶ崎・遠藤正之)

  おえら方正直もんはおらんのか  (東松島市赤井・川元とき江)

  苦しそう石東ラインのきしむ音  (石巻市南中里・大山育子)

  チャンネルを何度変えても楽天戦  (仙台市青葉区・吉田真一)

【2018年5月26日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)