かめキッチン(石巻市小船越)

【2018年5月23日(水)石巻かほく掲載】

かめキッチン(石巻市小船越)

家庭的な雰囲気が人気のかめキッチン

◇家庭的で常連さん増加

 三陸道河北インターチェンジ近くに、3月1日オープンした洋食中心の店。自宅兼店舗で、店内は天井が高く、広々とした空間が広がる。カウンターに4席、イス席は4人掛けが四つある。

 今野洋昭店長(38)と妻のキミ子さん(38)の夫婦で切り盛りする家族的な雰囲気が、好評を呼んでいる。

 近くにある道の駅「上品の郷」のオープニングスタッフで、調理部長を務めていた。石巻市内の焼き肉店勤務などを経て、近所に住む義父の協力を得て、念願の自分の店を持った。

 ランチは、白身魚のアンチョビートマトソースパスタ、ポークカレーなど。定番はビフテキ丼(1080円)。要望を受け、ドリアやグラタンなども提供する。ピザはテークアウトできる。

 夜も営業。各種お酒もあり、10人以上の貸し切りを受け付けている。

 完成したばかりの二子団地がそばにあり、この地域では珍しい飲食店のため、「近くに食べるところができてうれしい」と、常連客が日に日に増えている。

 今野店長は「マイペースで息の長い店にしていきたい。箸で食べられる洋食を気軽に食べに来てほしい」と話している。

地図:石巻市小船越二子南上12
■メモ
ランチが午前11時半から午後2時半、ディナーは5時半から9時。
月曜はランチのみ、日曜定休。
石巻市小船越二子南上12。
0225(85)9213。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)