2018/5/13 マイナビベガルタ仙台L、石巻で試合

カメラリポート

仙台Lサポーターと一体
石巻で公式戦

 女子サッカー、プレナスなでしこリーグ1部のマイナビベガルタ仙台レディース(仙台L)の試合が13日、石巻市総合運動公園石巻フットボール場で行われた。

 年に一度の石巻での試合とあって、選手もサポーターも一体となって戦った。

 会場前には出店が設けられ、石巻焼きそばやクレープに加え、仙台Lのグッズも販売された。

 試合後には仙台Lの選手による子ども向けのサッカー教室が開かれ、子どもたちは選手と交流した。

■ ゴール 
前半5分、井上綾香選手のゴールで先制し、喜ぶ仙台Lの選手たち。まぶしい笑顔がサポーターに元気を与える

■ 緊張感 
選手の入場シーンでは、フラッグベアラーを子どもたちが務めた。緊張の表情を見せながらも、しっかりとやりきった

■ 大声援 
「頑張れ!」。小雨が降る中、選手に熱い声援を送り続けたサポーター。逆境に負けない被災地の意気込みを示した

■ 果敢に 
試合後に行われた仙台Lの選手によるサッカー教室。ミニゲームでは、子どもたちが果敢に選手に挑んだ

■ ダンス 
ハーフタイムに登場した石巻のヒーロー・シージェッター海斗。子どもたちと一緒にダンスを披露した

■ 接客も 
試合だけでなく、販売もお任せ-。仙台Lグッズのブースでは、選手も接客を担当し、サポーターに購入を呼び掛けた

【2018年5月16日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください