くさかんむりCafe(石巻市桃生町)

【2018年5月16日(水)石巻かほく掲載】

◇古民家改装交流の場に

国内外から集めたアンティークな家具が使われている店内

 築100年以上の古民家を改装したカフェ専門店。店の前には庭があり、梅や桜、ツツジ、クリ、カキなどの四季折々の花木が楽しめる。石巻市桃生町出身で仙台市内に住む鈴木蘭さんが2013年に開業した。

 「国籍不明の老夫婦が日本の田舎でのスローライフの暮らし」がコンセプト。テーブルと椅子には国内外から集めたアンティークな家具が使われ、雑貨や草木染の服が並べられている。鈴木さんは「交流の場にしたい」という願いがあり、愛護団体の協力で犬猫の譲渡会なども開いている。

 飲み物は450円から。コーヒー、紅茶、ハーブティー、スパイスティー、桃生茶、甘酒などがある。手作りのスコーン、チョコレートケーキ、キャロットケーキ、スコーンといったスイーツは人気。ハーブを添えて爽やかな雰囲気を醸し出している。

 鈴木さんは「大切な人と使う時間や1人のぜいたくな時間にお店を使ってほしい」と希望している。

 27日は音楽、アート、食を五感で堪能する年に1度のイベント「くさフェス」が行われる。時間は午前11時~午後7時。料金は前売り券1000円(当日1200円)。

石巻市桃生町神取屋敷67
■メモ
営業時間は、午前11時~午後6時(ラストオーダーは5時)。木、金、土曜に営業。
石巻市桃生町神取屋敷67。
0225(76)6737。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)