いちご会(石巻)

なかま

◇団結力生かし社会貢献

 高齢世代の地域貢献活動などを推進する宮城いきいき学園石巻校の15期生で組織し、会の名前は、その15(いちご)に由来する。

 15期生は、2009年4月から2011年3月まで学んだ60~80代の38人。11年3月に東日本大震災が発生し、卒業式は8月にようやく開かれた経緯がある。渋谷誠事務局長(70)=石巻市須江=は「震災時は会員の安否確認などに奔走。苦労しただけに強い絆が生まれた」と話す。

 全卒業生がいちご会員となったが、体調を崩したり亡くなったりして現在は24人。減少したものの、活動は活発だ。「現役時代の肩書は全て取り除こうというのがモットー。だからこそ意思の疎通が円滑で、協力し合える。団結力が自慢だ」。木村寅吉会長(74)=石巻市沼津=は胸を張る。

個性の豊かさと団結力が自慢の会員たち

 会にはウオーキング、パークゴルフ、会報、ボランティアの四つの事業部門があり、積極的に取り組む。

 中核的なのがボランティアだ。植樹活動や福祉施設への慰問、ツール・ド・東北のサポートなど幅広い。こうした地域社会への貢献が認められて2016年、日本生命財団のいきいきシニア活動顕彰を受賞した。

 阿部みや子副会長(70)=同市開北=は「会員は個性豊かだ。それがまとまると大きな力になる。こうした仲間と知り合えたことで心の張り合いとなり、元気が湧いてくる」と笑顔を見せる。

 レクリエーションや、宮城いきいき学園の県北4校OB会との交流もある。ボランティア活動などの参加者を歓迎。連絡先は渋谷事務局長0225(73)3931。

【2018年5月8日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください