俳句(4/28掲載)

俳句

【石母田星人 選】

===

落ちて咲く赤い椿が満満と  (石巻市門脇・佐々木一夫)

【評】椿の落花は、花びらが散るのではなく一花がぽとりと落ちる。必ず花の開いた方を上に向けて着地するので、地面から椿が咲いているような姿になる。大地が赤い椿で埋め尽くされていくさまは何とも幻想的。落ち椿が異様な妖美へと変容する気配もある。

===

初音聞く初出勤の同志かな  (東松島市新東名・板垣美樹)

【評】新しい勤め先への道すがら、今年初めてウグイスの声を聞いた。ひたむきさは十分伝わるが、調子外れのおぼつかない鳴き声。その頼りなさは、期待と不安の中で少々緊張している今の自分と重なる。下五「同志かな」は、不器用な若鳥に対する愛情とともに自分に送るエールでもあるのだろう。初音を聞いた後、足取りが少し軽くなった作者の姿が見えるようだ。

===

移り住む家に舞ひ散るさくらかな  (石巻市三ツ股・浮津文好)

【評】復興住宅が完成。心待ちにしていた新居への引っ越し。何もかも広くて新しい。窓を全開にすると歓迎してくれるかのように桜の花びらが舞っていた。

===

埋め立ての土送り出し山笑う  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

【評】削られた山の光景。大きくえぐられて古い地肌がのぞいている。「送り出し」の表現には無念さと痛みが見える。下五の季語がせめてものなぐさめか。

===

燕の巣向う三軒新しき  (東松島市矢本・雫石昭一)

堅香子や芯の強さは山育ち  (石巻市南中里・中山文)

両の掌でつつむ故郷蕗のとう  (石巻市蛇田・末永くにゑ)

一団の先づは歓声山ざくら  (石巻市中里・鈴木きえ)

忍野八海護りて咲くや山桜  (石巻市相野谷・戸村昭子)

虹くぐりたくて燕に乗りたくて  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

定年の島の先生花の雨  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

亀鳴くや防潮堤の海低し  (石巻市中里・川下光子)

高台へ手招きするや揚げ雲雀  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

幼子のおずおず寄るや春の鹿  (仙台市青葉区・狩野好子)

猫がゐて清明節の茶話会に  (東松島市矢本・紺野透光)

春愁や角のめくれし備忘帳  (石巻市開北・星雪)

水ぬるむ夕焼色の友の背  (石巻市駅前北通り・小野正雄)

草木にも色かがやける春の雨  (石巻市向陽町・佐藤真理子)

若き頃布海苔摘みし日波に消え  (石巻市渡波町・小林照子)

めんこいな星の数だけ花水仙  (石巻市大門町・三條順子)

【2018年4月28日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)