鷹虎キックボクシングジム(石巻)

なかま

◇目的を目指し体鍛える

 2015年冬から活動をするキックボクシングの団体。石巻地方の小学生から40、50代の大人まで約10人が、大会での優勝やフィットネス、ストレス発散など各自の目的を目指し、和やかな雰囲気でトレーニングに励んでいる。

 ジムの本部は仙台市にあるが、石巻市で独学で競技に取り組む子どもたちから「指導に来てほしい」と依頼があったため、石巻にも立ち上げた。

 船木鷹虎会長(56)は「多くの人が体を動かす場を求めていた。住民の熱意に応えたかった」という。

鷹虎キックボクシングジム(石巻)

キックボクシングで交流の輪を広げるメンバー

 通常は週2回のレッスンで、実戦練習をする人やサンドバッグ、ミット打ちをするなど一人一人の実力に応じた内容を組んでいる。今年はより多くの住民に来てもらうため、月曜日以外はトレーナーを常駐させる予定だ。

 西條涼介君(8)=石巻市渡波小3年=は「キックやステップなどを覚えていけることが楽しい。大会で成績を残している先輩に負けないように腕を磨いていきたい」と話す。

 同市大谷地の畠山周平さん(34)は「気持ちのもやもやがなくなり、スッキリと1日を終えられるのがいい」とやりがいを語った。

 船木会長は「ジムに来る人の年齢やその理由はさまざま。見て体験することで格闘技のイメージを変えてもらいたいので、気軽にレッスンに来てほしい」と呼び掛けている。

 活動は木、日曜日の午後7時~9時、石巻市流留の専用ジムで行う。男女や年齢問わずメンバーを募集中。連絡先は船木代表022(341)5118。

【2018年4月24日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください