石巻童謡愛好会

なかま

◇笑顔で歌を楽しむ

 「言葉を感じて歌って。みんな、そんなに楽譜ばっかり見詰めないの」

 講師の新田昭夫さんが優しく助言すると、メンバーが顔を見合わせ笑い合った。真剣に取り組む一方で、練習中に笑顔は絶えない。

 高橋俊子会長は「童謡や唱歌を口ずさむと懐かしい景色を思い出す。リズムに乗って声を出すことで、爽快感と充実感を味わえる」と魅力を語る。

石巻童謡愛好会

振り付けを交えて合唱を楽しむメンバーたち

 1回の練習で歌うのは5、6曲。「春の歌」や「大きな古時計」など懐かしい曲から、「うたう足の歌」などあまり知られていない隠れた名曲にも挑戦している。明るい曲には簡単な振り付けを加えるなど、楽しみながら合唱するのがモットーだ。

 1991年に、当時の石巻市石巻小教諭らで結成。その後、門戸を広げて現在は市内に住む60~80代の女性23人で構成する。ピーク時には150人を超えたことも。

 発足当初から活動を続ける阿部のりこさん(85)は「声を出してみんなで歌うのがとにかく楽しい」と話す。

 秋には市民合唱祭で日頃の練習の成果を発表するほか、毎年1回、市内の高齢者福祉施設を訪問し「茶摘み」や「われは海の子」といった季節ごとの歌を披露している。高橋会長は「お年寄りも一緒に口ずさんでくれ、こちらが逆に元気をもらう」と言う。

 温泉旅行や隠し芸を披露し合う忘年会など、合唱以外でも交流を深めている。

 練習は石巻中央公民館で、毎月第2・4火曜日の午前10時~11時半。年齢問わず会員を募集中。連絡先は高橋会長0225(95)9391。

【2018年4月17日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)