ソフトテニス「十條クラブ」(石巻)

なかま

◇ボール打ち爽快感

 1965年ごろ、十條製紙社宅に住む妻らによって発足したソフトテニスクラブ「十條ママ」が前身。その後、「十條レディース」という名称を経て、2005年に現在の「十條クラブ」となった。

 日本製紙と関連会社の社員の妻を中心に、男性は日本製紙と関連会社の社員、OBらを含めて計17人が会員になっている。40~70代と世代は幅広い。

 練習は、全体でのランニングから始まって乱打、ボレー、スマッシュ、サーブ、レシーブと、基本メニューに取り組む。その後、試合に臨む。

十條クラブ(石巻)

ボレーの練習に励む会員

 中学校や高校の部活動で本格的にプレーしていて、子育てのために中断、成長して手が掛からなくなってから再び始める女性会員も多い。

 池内貴久江さん(46)=石巻市恵み野4丁目=もその一人。「下の子どもが小学校に入り余裕ができたので再開した。中学生以来のプレーだが、ボールを打つ爽快感がいい」と汗をぬぐう。

 初期からの会員で代表を務める石川季子さん(73)は大郷町から通い、練習に励む。「いろんな運動をしたけれど、ソフトテニスが一番楽しい。健康で体を動かせるのはテニスのおかげ」と声を弾ませる。

 練習は毎週火曜と金曜。時間は、火曜が午前9時~午後1時、金曜は午後2時まで。会場は石巻市桃生農業者トレーニングセンター(4月中旬~10月中旬は追波川河川運動公園)。会員を募集中で、女性は誰でもOKだが、男性は日本製紙と関連会社を含む関係者が対象。連絡先は石川代表090(2366)1677。

【2018年4月10日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)