俳句(3/31掲載)

俳句

【石母田星人 選】

===

山鳩の啼いて佐保姫誘いおり  (石巻市蛇田・末永くにゑ)

【評】佐保姫は春をつかさどる神。元は奈良の都の東方にある佐保山の神霊とされている。姫の得意技は染め物。やわらかいパステル色や桜色で野山を一気に染める。この句、山鳩が佐保姫の出番を促している。出渋っていた姫も「デデポッポー」という優しい語りかけに重い腰を上げた。

===

告天子空に音符を撒き散らす  (東松島市矢本・紺野透光)

【評】告天子は雲雀(ひばり)の別名。畑や河原などにすむ。春の空に高く舞い上がりながら「ピーチュルチルル」などと長い節回しで鳴く。そのさえずりは名の通りに天の在り処を告げているようにも聞こえる。中七以下「音符を撒き散らす」ととらえたのは、少々単純な喩とも思われるが、率直な感覚表現を買いたい。

===

鶯の今朝の一声島田飴  (東松島市矢本・雫石昭一)

【評】まだおぼつかない鶯の鳴き声と、花嫁のまげをかたどった縁起物の島田飴。このふたつが醸し出す明るさが一句を包んでいる。春到来の喜び。

===

心まで開けるカーテン梅真白  (石巻市渡波町・小林照子)

【評】カーテンを少し開いたら清らかな白梅が見えた。残りのカーテンを勢いよく開けると、りんとした白梅が目に飛び込んできて心がいっぱいになった。

===

町工場アトリエとなり燕来る  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

春の海たぐる想い出泡の中  (仙台市青葉区・狩野好子)

剪定や凛凛しき松に光射す  (東松島市新東名・板垣美樹)

眉を引くさみしき顔や花曇  (石巻市中里・川下光子)

復興の進捗見んと春の丘  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

「あららら」と声ソプラノにクロッカス  (石巻市開北・星雪)

福は内爺の鬼来て始まりし  (石巻市中里・鈴木登喜子)

春潮や干潟一面貝しぶき  (石巻市門脇・佐々木一夫)

被災後の高層ビルや月朧  (石巻市南中里・中山文)

胸に積む卒業式のなごり雪  (東松島市矢本・菅原れい子)

贅沢の鱗はがした春津波  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

つるし雛きずなで繋ぐ赤い糸  (東松島市あおい・大江和子)

盆梅を置きてただよう独居の間  (石巻市中里・鈴木きえ)

句作りや消しては書いて春うらら  (石巻市相野谷・武山昭子)

春光が旅立つ子らの背をおして  (石巻市のぞみ野・阿部佐代子)

涙する供養の浜にめぐる春  (東松島市大曲・阿部あつ子)

【2018年3月31日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください