大型のカレイ類に期待(3/29掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】
 牡鹿半島の各浜からの投げ釣りで、カレイ、アイナメが釣れだしてきた。川水で濁っている箇所では食い渋りもあるが、上手にポイントをつかめばマコガレイで8匹ぐらいまで。型は手のひら大~40センチ。春の兆しとともにフグも寄ってきている。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】
 小屋取、横浦周辺では、1隻当たりカレイ(30~40センチ)20匹、アイナメ(40センチクラス)16匹。水温が低いため食いがやや鈍いが、型は良くなっている。岸釣りは昼間よりも夜、街灯に近い場所からアオイソメを餌にアイナメを狙ってみるのもいい。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【野蒜・奥松島】
 季節の変わり目に来て、大型のカレイ類が釣れ始めた。砂浜や防波堤からの投げ釣りで、マコガレイやイシガレイが5匹ぐらいまで。型は30~46センチ。これからは産卵後の荒食いのため、肉厚のカレイが楽しめる。餌は多めに準備した方が良い。

=大曲浜つりえさ店0225(25)4774

【2018年3月29日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください