大曲ピンポンクラブ(東松島)

なかま

◇腕前さまざま、和やかに

 ホールに設置している3台の卓球台で、メンバーが入れ替わりながらプレーを楽しむ。「それいけ」「よし、決まった」。和やかな雰囲気の中、メンバーは爽やかな汗をかいている。

 「卓球をするのが楽しくなるようなクラブの運営を目指している」と話すのは葛西秀昭会長(79)。「気軽に取り組めるようにとの思いで、卓球クラブではなく、ピンポンクラブと名付けた」と説明する。

 2015年5月、東松島市大曲地区の住民を中心に結成した。発足から3年弱の若い団体は、住民の健康維持とコミュニティーづくりを活動の目的としている。活動会場の和やかな雰囲気を示すかのように、当初は24人だったメンバーは現在、32人に増えた。

大曲ピンポンクラブ(東松島)

卓球を通じて親睦を深めているメンバー

 佐藤れい子副会長(66)は「年齢が近い同士でプレーすることで、楽しく汗をかいている。運動不足の解消にもつながり、クラブの活動日が待ち遠しい」と積極的な参加を心掛ける。

 学生時代に選手だった経験があったり、初心者だったりと、メンバーの卓球の腕前はさまざま。上級者同士は懸命なプレーを展開するほか、初心者は丁寧な指導を受けて技術を上達させるなど、それぞれのレベルに応じて卓球を満喫している。

 メンバー間の親睦をメインとし、試合にこそ出場していないが、葛西会長は「試合に出られるような腕前になったら、卓球クラブに改称しようかな」とほほ笑む。

 練習は東松島市大曲地区センターで、毎週金曜午前10時~正午。60~80代の男性14人、女性18人で活動を展開する。

【2018年3月27日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください