「楽しい日本語教室」託児ボランティア(石巻)

なかま

◇安心学習、3人で支える

 在住外国人を支援する国際サークル友好21が主催する「楽しい日本語教室」の開講中、別室で受講生の子どもたちを預かる。子育て中の外国人に集中して学習できる場を提供し、石巻地方での生活になじめるよう後押ししている。

 メンバーは、いずれも石巻市の三浦佳子さん(65)、佐藤れい子さん(65)、近江敬子さん(65)。3人とも10~15年のベテランだ。

 佐藤さんは「子どもたちから元気をもらえるし、3人で会えるのも楽しくて続けてきた」と話す。

「楽しい日本語教室」託児ボランティア

母親が学習中、にぎやかに過ごすメンバーと子どもたち

 現在預かるのは、母親がフィリピンとベトナム出身の1~4歳の3人。石巻中央公民館の和室でおもちゃで遊んだり、一緒にかくれんぼをしたり、祖母のような立場で触れ合い、にぎやかに過ごす。

 託児は開講3年後の2002年から始まり、これまで70人以上の子どもたちが見守られてきた。おんぶしながら他の子のおむつを換えミルクをあげたほど、多くの子を預かった時期もあった。

 近江さんは「成長しても、街で会うと駆け寄って来てくれてうれしい」と目を細める。

 フィリピン出身で来日5年の伊藤マイベスさん(32)は「2人の子どもたちが教室の日を楽しみにしている。安心して勉強できてありがたい」と話す。

 三浦さんは「安心して勉強に専念してもらいたい一心。けがなく楽しく過ごせる環境を提供していきたい」と笑顔を見せた。

 教室の運営ボランティアを募集中。教室は毎週月曜、石巻中央公民館で午前10時から正午まで。連絡先は事務局清水さん0225(23)2863。

【2018年3月13日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)