2018/02/02~04 第5回 石巻フォトグループ写真展

石巻フォトグループ「第5回写真展」

メンバーの個性あふれる作品が並ぶ会場

撮影者の感性楽しむ
石巻フォトグループ展
あすまで

 「石巻フォトグループ」の第5回写真展が2日、石巻市駅前北通り2丁目のナリサワ・カルチャーギャラリーで始まった。

 石巻市在住の20~90代のメンバー55人が撮影した近作120点を展示している。昨年夏に牡鹿半島をメインに開催された総合祭「リボーンアート・フェスティバル2017」に出展された巨大な白鹿の彫刻や、JR女川駅前のイルミネーション「海ぼたる」を撮影した写真などが並んだ。

 岩手県平泉町の中尊寺や酒田市の花火大会など県外を舞台にした風情のある写真もあり、来場者は撮影者の感性や世界観が表現された作品の数々をじっくりと鑑賞していた。

 雁部正男代表は「写真を通じて人の輪をさらに広げたい。遊びに行くような気軽な気持ちで見に来てほしい」と話した。

 4日まで(午前10時~午後5時半、最終日は午後4時まで)。入場無料。

【2018年2月3日(土)石巻かほく掲載】


石巻フォトグループ写真展
女性20人も出展
来月2~4日

 第5回石巻フォトグループ写真展が2月2~4日、石巻市駅前北通り2丁目のナリサワ・カルチャーギャラリーで開かれる。

 石巻フォトグループ(雁部正男代表)は、東北地方の風景や祭りなどを題材に1年を通じて活動している写真愛好家たちのグループ。

 写真展はその集大成。今回は60人が出展。うち女性が20人で、女性ならではの視点で捉えた作品が際立つ。全体の展示数は1人2点で、120点に上る。

 雁部代表は「スマホで気軽に撮れる時代。私のモットーは写真は面白く、楽しんで撮ろう。多くの市民に写真の魅力を伝えたい」と張り切る。

 開場時間は午前10時~午後5時半(最終日は午後4時まで)。入場無料。

 連絡先は雁部代表090(3980)7651。

【2018年1月27日(土)石巻かほく掲載】


コメント一覧

  1. 奥田美智子

    はじめて出展しました。
    代表のお話にもありますが、 参加して交流が広がりました。
    会員の皆さんは朗らかな方が多いので、愉しい時間を過ごしています。笑顔が繋ぐ交流に感謝です。写真 でもあり、写心なんですね〜❤︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)