2018/02/15 「復興」の先を考えるミーティング in石巻

「復興後」考えるSDGs交流会
来月15日
石巻

 NPOや企業、コミュニティー組織など地域の担い手を対象にした交流会「『復興』の先を考えるミーティングin石巻」が2月15日午後1時半から、石巻市南境の石巻専修大で開かれる。参加無料。定員は40人で、先着順。

 長期的視点で地域を考えるツールとして参考になるSDGs(持続可能な開発のための2030アジェンダ)を周知する講演会と事例発表を行う。

 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(東京)の新田英理子地域連携アドバイザーが、「はじめて学ぶSDGs」をテーマに話す。一般社団法人りぷらす(石巻市)の橋本大悟代表理事らが、地域協働も理解するための事例を紹介する。

 SDGsは2015年9月、国連で採択した国際社会が協力して30年までの達成を目指す持続可能な開発目標。貧困や飢餓の廃絶、地球環境の保全などがあり、先進国も取り組んでいる。

 県が主催し、石巻市が共催。認定NPO法人「杜の伝言板ゆるる」(仙台市)が運営する。

 連絡先は杜の伝言板ゆるる022(791)9323。

【2018年1月27日(土)石巻かほく掲載】


~SDGsで見るわたしたちの地域社会~
◆「復興」の先を考えるミーティングin石巻/2月15日(木)

 地域の復興とその先に向けて、NPOや企業など多様な主体が協働する意義や事例をSDGsの視点から学ぶと共に、参加者同士の交流を深めます。(SDGsとは、国連サミットで採択された持続可能な開発目標。)

 SDGsについての講演・事例紹介や交流会。登壇者は、新田英理子さん(一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク地域連携アドバイザー)ほか。

 午後1時半~4時半、石巻専修大学4号館4102教室・4103教室(石巻市南境新水戸1)。

 無料。対象は、NPO(法人格の有無・種類問わず)、企業、研究機関、地域コミュニティー、個人。

 申し込みが必要。申し込み、連絡先は認定NPO法人杜の伝言板ゆるる022(791)9323。メールアドレスnpo@yururu.com

 宮城県主催。石巻市共催。

【2018年1月25日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)