女川コーラス・ソレイユ

なかま

◇歌って、気持ち前向きに

 約30年間、女川町で活動を続けている女性のコーラスグループ。練習ではピアノ伴奏に合わせ、二部合唱で高らかな歌声を響かせる。15人のメンバーが談笑して交流も深めている。

 高野和子会長(70)=女川町女川浜=は「気心が知れた仲間が集まって歌うのは楽しい。声を出すことは健康にいいし、気持ちも前向きになる。今年もたくさん歌いたいね」と笑顔で話す。

 グループは、女川町民文化祭や石巻市の市民合唱祭、県北合唱祭などに参加して練習の成果を披露している。今月11日に開いた歌い始めを兼ねた新年会でも、メンバーは「暗譜して合唱祭に臨む」「今年も音楽の力強さや素晴らしさを実感したい」と前を見据えていた。

女川コーラス・ソレイユ

新田昭夫さん(右)の指導で美しい歌声を響かせるソレイユのメンバー

 東日本大震災の津波で拠点を失い、震災後1年ほどは活動を自粛していたが、女川町に派遣された職員を介して群馬県玉村町との交流が始まるなど、新たな展開もスタート。会の活動としても震災以前とは趣向が異なる新鮮さが加わった。

 メンバー同士の結びつきが強いところがグループの魅力。

 震災で自宅が被災し、移住した仙台市泉区住吉台から通う前会長の加藤浩子さん(72)は「仙台で新しい友達ができたけれど、やっぱり女川に来ると落ち着く。優しいメンバーの笑顔は力になる。可能な限り通いたいね」と意気込む。

 活動は、毎月第2・4木曜日に女川町まちなか交流館。時間は、1~3月が午後1時~2時半、4~12月が午後1時半~3時半。メンバーを募集中。連絡先は高野会長080(6029)3615。

【2018年1月23日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)