琴城流大正琴石巻支部万石教室

なかま

◇弦の音色、癒やしと力に

 石巻市万石町にある万石町集会所に、しみじみとしてどこか懐かしげな音色が響く。大正琴だ。琴城流で学ぶ愛好者が、練習ながらも息の合った演奏を披露する。

 琴城流指導教授の鈴木一夫さん(70)の教えを受け、演奏するのは渡波地区に住む6人の女性。歌謡曲や民謡、フォークソング、ジャズとジャンルは幅広い。全員が70代以上だが、表情は生き生きと輝き、パワフルでもある。

 代表の阿部照子さん(77)は「手先を器用に動かして弦を弾き、1曲ずつ覚えていく。手と頭を使えば脳も活性する。健康的で長寿につながります」と笑う。

琴城流大正琴石巻支部万石教室

息の合った演奏を披露する会員たち

 もともと渡波地区には、公民館の講座受講生と、漁協婦人部員がそれぞれ1990年ごろに組織した大正琴の2団体があり、会員は両団体で計40人近くもいた。

 東日本大震災で犠牲になったり、市外に転居したり、さらに冬場に多忙を極めるカキむき作業もあって、会員は共に激減。昨年4月に両団体が一緒になり、活動を開始した。全員で6人と少ないが、元気いっぱいだ。

 末永陽子さん(74)は震災後2年7カ月の間、仙台市内に避難した後、地元に戻り大正琴を再開した。「大変な思いをしたが、大正琴に心が癒やされ、ほっとした」と思い返す。

 最高齢者の阿部純子さん(86)も「好きな演奏ができて、仲間がいる。心の支えになる」と話す。生きる張りにもなっている。

 万石町集会所が活動の拠点。練習は毎月第2、4月曜日の午後1時半から約2時間。連絡は阿部代表0225(97)4819。

【2018年1月16日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)