2018/01/06 宮城県公立武道館協議会 1万人寒稽古

カメラリポート

気合込め、寒さ一蹴
「1万人寒稽古」
石巻武道17団体

 「エイッ」「ヤー」。威勢のよい掛け声が会場内に響き渡る。

 6日に石巻市河北総合センターで開かれた新春恒例の「県公立武道館協議会1万人寒稽古」(同協議会、石巻市教委主催)。市武道協議会に加盟する柔道、剣道、空手道、躰道、なぎなたの5種目17団体から選手ら約200人が集い、厳しい寒さに負けじと心と体を鍛錬した。

■基本しっかり
 定位置で突きや蹴りを繰り出す「その場基本」と呼ばれる空手道の稽古。基本稽古をきっちりした後、組手の練習に入った
基本稽古をきっちり
■上達を誓って
 所属道場などの枠を超えて乱取り稽古に臨む柔道の選手たち。参加した女子小学生は「もっと内股が上手になりたい」と意欲を見せていた
乱取り稽古に臨む柔道の選手たち
■神経を集中
 膝を90度に曲げ、腕から指先まで神経を研ぎ澄ませる躰道の基本の構え。気を引き締めて新年初めの稽古に汗を流した
。気を引き締め、躰道の基本の構え
■一振り入魂
 輪になって向かい合い、面打ちの練習に励む選手たち。「めん!」と掛け声にも気合が入る
「めん!」と掛け声にも気合
■優美さも漂う
 気・剣・体一致の技を目指して修練が行われるなぎなた。防具を着けない演技競技の練習からも優美な雰囲気が漂う
気・剣・体一致の技を目指す
■頑張った証し
 稽古後、寒さに耐えて体力と気力を養った5種目の代表選手に錬成証が手渡された
稽古後、錬成証が手渡された

【2018年1月10日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)