希望の大麦(桜井泉)

水紋

 東松島市野蒜地区の被災跡地で生産した「希望の大麦」を一部使用したアサヒビール(東京)の「クリアアサヒ とれたての贅沢(ぜいたく)」が先月21日、東北エリア限定で発売となった。

 「とれたての贅沢」は、山形県産の初摘みホップと希望の大麦を一部使用した発泡酒。「原料から製造まで全て東北にこだわり、完結した商品」(秋本浩志アサヒビール執行役員東北総括本部長)で、ホップの華やかな香りと、大麦の芳醇な味わいが特長という。

 早速、コンビニで購入し飲んでみたら、のどごしも最高だった。

 同社のビール類缶で希望の大麦を使用したのは初めて。一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)とアサヒグループが、被災跡地の有効利用を通じて「なりわい」と「にぎわい」を生み出すことを進めている「希望の大麦プロジェクト」の一環だ。

 発売前日の20日、仙台市青葉区内であった完成発表会に出席した。

 東松島市の古山守夫副市長は「震災を風化させないのが一番の願い。東北に思いをはせ、家庭で味わってもらえればありがたい」とあいさつ。

 HOPEの大村道明専務理事も「ついにここまできたかと思うと感慨無量」と話した。

 「とれたての贅沢」は、今月までの販売予定で、350ミリリットルと500ミリリットルの2種類。売り上げ1本につき1円を東北地方の復興支援にも役立てる。

 読者の皆さんも一度、飲んでみたらいかがだろうか。

(桜井泉)

【2017年12月7日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください