江島、アカメバルが続々(12/7掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】
 牡鹿半島の各浜では五目釣りのアイナメ(30~50センチ)が主流。根際などに入り込んでおり、雄や子持ちも多く見られる。川や沢が流れ込む当たりではハゼ、マコガレイなど。夜釣りではアナゴ、ドンコ、ソイがかかる。ドンコは穴、根際に集中している。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】
 江島周辺では25センチ前後のアカメバルが、1隻(9人)当たり310匹。餌はサンマ、イカなど。出島周辺では大型のアイナメ。横浦、小屋取周辺では25~35センチのカレイが20~30匹。女川湾内でも岸から小サバのサビキ釣りでアイナメが楽しめる。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【野蒜・奥松島】
 砂浜からの投げ釣りで、イシガレイ、マコガレイ、ホシガレイ。いずれも手のひら大~45センチで、1人1~8匹。この時期は夕方のまずめ時に釣果が伸びる傾向にある。漁港、防波堤の探り釣りではアイナメ、ボッケなど。丹念に探ると大物も期待。

=大曲浜つりえさ店0225(25)4774

【2017年12月7日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)