川柳(12/2掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

 横綱日馬富士による暴力事件で、大相撲の今年一年を締めくくる九州場所がキレてしまった。

 ◎真相が不明のまま、土俵の外で疑心暗鬼が渦巻いている。こんな事件は真っ平ご免。相撲ファンはやじ馬ではない。

===

◎ 相撲界ファンの疑問はおしだしか  (石巻市北上町・那須野六男)

  夫(つま)定年わたし年中無休なり  (仙台市宮城野区・佐々木征子)

  忘れもの夜中にハッと目が覚める  (石巻市清水町・三浦智)

  若返る友を呼んでのクリスマス  (東松島市矢本・鈴木はつへ)

  利府で梨買ってオマケに二個も付き  (東松島市矢本・奥田和衛)

  冗談と言いつつ本音透けて見え  (石巻市蛇田・日野信吾)

  被災地へバッサリ援助の手が切れる  (石巻市築山・飯田駄骨)

  一喜一憂「海のたより」を待つ家族  (岩沼市土ケ崎・遠藤正之)

【2017年12月2日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)