川柳(11/25掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

 国は来年から減反補助金を廃止する。

 ◎「米を捨てる」の開き直りは、生産者としてか、それとも「コメなどなくても」という消費者の楽観か。どちらであったとしても、将来、手痛いしっぺ返しに遭いそうな予感がする。考えさせられる句だ。

===

◎ 減反の廃止騒がず米を捨て  (石巻市桃生町・三浦多喜夫)

  トランプ氏商社の顔で大商い  (石巻市蛇田・菅野勇)

  横綱の品格汚す勇み足  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  娘(こ)が活けた桔梗枯れても捨てられず  (仙台市泉区・米倉さくよ)

  街の灯に新風注ぐアイターン  (石巻市清水町・村田東馬)

  三途の川渡り切るため筋トレす  (石巻市須江・市川つね子)

  着膨れのラジオ体操芋畑  (石巻市蛇田・鈴木醉蝶)

  AIが危険予知する無労災  (石巻市大街道・岩出幹夫)

【2017年11月25日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください