2017/12/04まで 写心ふるさと「写真展」

写心ふるさと「写真展」

来院者の心を和ませている写真展

心和む風景写真46点
「写心ふるさと」展
来月4日まで

 石巻、東松島市などの愛好者でつくるサークル「写心ふるさと」の写真展が、石巻市蛇田の石巻赤十字病院2階ギャラリーで開かれている。

 会員15人が撮影した風景写真が、入院患者や来院者の心を和ませている。

 石巻地方を中心に、県内外で撮影した46点を展示。美しく色づく紅葉や、手作業での稲刈り風景、朝もやの北上川に浮かぶ小舟など、豊かな自然を鮮やかに切り取った作品が並ぶ。夏祭りでほほえみ合う親子など、身近な光景も目を引く。

 菅原昌夫代表(70)は「見た方の心が安らぐ一助になれば幸い」と話している。

 写真展は10回目で、12月4日まで開催。

【2017年11月22日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください