川柳(11/11掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

 ◎鉄鋼や自動車など日本を代表する産業界で検査データの改ざんや手抜きが相次いでいる。先人が欧米を手本にスタートし、技術者らが努力を重ねて築き上げた日本製品に対する信頼に自ら泥を塗ったのだ。失った信用の回復には途方もない時間がかかろう。

===

◎ メードインジャパンの信用大揺れに  (石巻市蛇田・菅野勇)

  あと二枚悔いは無いのかカレンダー  (石巻市蛇田・大山美耶紀)

  日めくりやだんだんやせて戌(いぬ)がほえ  (東松島市矢本・菅原京子)

  元気もらう母なる川の鮭遡上  (岩沼市土ケ崎・遠藤正之)

  歳時記に飛ばぬトンボは老いました  (石巻市開北・よしのやまももゑ)

  濃淡の彩りもとめ県境  (東松島市小松・浅野まき子)

  バブル気配ディスコ狂いの二幕あく  (石巻市清水町・村田東馬)

  乾杯の音頭指名に歳を知る  (石巻市水明北・三浦正一)

【2017年11月11日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)