漁港、河口で大型のハゼ(11/9掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】
 旧北上川の石巻大橋から中瀬にかけて、大型の落ちハゼが釣れる。岸から深みまで広く探ると良い。牡鹿半島方面の浜からは冬の本シーズンとなったアイナメ、カレイが多くなってきた。夜はソイ、アナゴ、メバル。サビキ釣りではコサバ、イワシも。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】
 横浦、出島周辺では1隻当たりカレイ(28~40センチ)が20匹前後。江島、寺間、出島周辺では1隻当たり、46~56センチのヒラメ3匹、40~50センチのアイナメ5匹。岸釣りは、横浦漁港で48センチのヒラメ1匹、高白漁港で30~40センチのアイナメ5匹の釣果。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【野蒜・奥松島】
 漁港、河口からのちょい投げでハゼが釣れている。型は20センチ前後と大型。餌はアオイソメで食いは活発。少し深めが狙い目。投げ釣りではマコガレイ、イシガレイ、アイナメ(各20~45センチ)。イシモチやセッパ交じりで1~5匹。これからさらに期待。

=大曲浜つりえさ店0225(25)4774

【2017年11月9日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)