川柳(11/04掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

 年賀はがきの発売に続き、年末ジャンボ宝くじの大げさな宣伝が間もなく始まる。1等は7億円、前後賞を合わせて10億円。人心を惑わすだけの10桁である。

 ◎売り場の列で、前の人に当たってしまう不運が頭をかすめるのも当然であろう。

===

◎ くじ売り場前のお方に諭吉添う  (石巻市大門町・三條順子)

  小池知事ステップ読まれ伸び悩み  (石巻市桃生町・忖度放恣)

  党籍を買ってはみたが恨み節  (石巻市不動町・新沼勝夫)

  株上がりもらう年金なぜ下がる  (石巻市大街道・岩出幹夫)

  終活を始めて分かる無駄づかい  (石巻市蛇田・上村当志子)

  口止めのアナタにだけがブーメラン  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  老い支度年賀状から仕分けする  (石巻市清水町・三浦智)

  後ろ前笑われぬよう糸じるし  (石巻市渡波町・小林照子)

【2017年11月4日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)