2017/11/12 牡鹿の旬彩「ワンコイン祭り」

牡鹿の魚介類提供
ワンコイン祭り
12日、石巻・荻浜

 牡鹿半島で取れる魚介類を100円と500円で味わう「ワンコイン祭り」が12日午前10時半から、石巻市荻浜で開かれる。

 旬の焼きカキやカキ汁、サンマ焼き、石巻焼きそば、石巻おでんが100円、蒸しカキ、鯨竜田揚げ、缶詰セット、海藻乾物セットが500円で購入できる。

 会場はRAFの牡鹿ビレッジだった場所の向かい側。

 8月に「リボーンアート・フェスティバル2017(RAF)」に合わせて実施した「湾コインマーケット」に続く2度目のワンコインにちなんだイベント。前回は500円だけだったが、100円で購入できる商品も加えた。

 東日本大震災の被災者や漁師らが昨年4月に設立したNPO・牡鹿の旬彩が企画する。NPOは来年、カキやワカメ、シャコエビ、ホヤなど旬の食材を親子で味わってもらう行事を企画しており、そのPRを兼ねる。

 連絡先は佐藤完寿会長090(8615)0309。

【2017年11月8日(水)石巻かほく掲載】


牡鹿半島の旬を味わいましょう!
◆牡鹿の旬彩ワンコイン祭り/11月12日(日)

 牡鹿半島の秋の旬な食べ物がワンコインで食べられる一日限りの祭典です!

 地元漁協青年部・女性部をはじめ、仲間たちとおもてなし。この機会にぜひ牡鹿半島まで遊びに、食べに、出会いにきてください。

 午前10時半~午後2時半。石巻市荻浜字家前(牡鹿半島中腹)。

 料金はワンコイン(100円、500円)。どなたでも。

  100円(焼カキ・カキ汁・サンマ焼き・石巻焼きそば・石巻おでん他)
  500円(缶蒸しカキ・クジラ竜田揚げ他)

 ステージイベントは、沖縄伝統芸能エイサー石巻、よさこいチーム「舞綺瓔」、仙台の「ジュリー」沢田研史。

 NPO牡鹿の旬彩主催。

 連絡先は、NPO牡鹿の旬彩(佐藤)090(8615)0309。

【2017年11月2日(金)石巻かほく掲載】


コメント一覧

  1. 伏見英敏

    佐藤完寿さん、(完樹さんかな?)

    FBの「石巻が好き」と言うグループに、11月12日の牡鹿ビレッジでのイベントについてシェアしました。もう、私のシェアだけでも50人くらいの方からいいね!を頂いてます。もしかして、そのうちの1割くらいは行くかと。

    今回の試みがだんだんと輪が広がってくると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)