柴犬まる(青山未来)

水紋

 若者に人気の写真共有アプリ「インスタグラム」で、フォロワー数が260万人を超える柴犬がいる。

 その名も、まるたろう(通称まる)。

 愛くるしい真ん丸なフォルムと、笑顔が見る者の心を癒やす。「世界一有名な柴犬」とも言われ、国内のみならず海外からも注目されている。

 そんな人気者の飼い主・小野慎二郎さんがインスタグラムを本格的に始めたのは東日本大震災がきっかけだったという。

 震災当時、会員制交流サイト(SNS)には、心ないデマなど暗い情報があふれていた。そこで、まるの笑顔の写真を投稿してみることに。すると「ありがとう」という返信の数々が寄せられた。「自分の投稿で元気になる人がいるのなら、これも復興支援になるのでは」。小野さんはそんな思いを抱き、毎日欠かさず投稿し続けている。

 まるたちは震災直後、東北を巡る中で石巻にも足を運んでいる。瓦礫(がれき)だらけだった当時の町並みに小野さんの心は強く揺さぶられたという。

 まるの笑顔の輪は被災地だけでなく、今では世界中に広がり、たくさんの人を元気づけている。

 まるは今月20日で10歳を迎えた。これからも長生きして世界中へ“まるスマイル”を届けてほしい。

 最後に、まる(@marutaro)のお気に入り写真を紹介したい。「#柴犬まるのイヤイヤさん」「#まる洗い」「#柴犬トルネード」「#香箱座りまる」。一目見ればとりこになるはず…。

(青山未来)

【2017年10月26日(木)石巻かほく掲載】

◇Shinjiro Onoさん(@marutaro) – Instagram写真と動画
 https://www.instagram.com/marutaro/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください