ヒラメシーズン終盤に(10/26掲載)

釣り場情報

■毎週木曜掲載

【石巻湾】
 五目釣りで、旧北上川などでは大きめの落ちハゼが交じってくるようになった。セッパ、イシモチやまれに50センチ級のセイゴも揚がっている。牡鹿半島方面の海釣りではカレイ類が目立つ。マコガレイは30~40センチクラスが交じる。アイナメも乗っ込み時期。

=石巻市・田代釣具店0225(22)3242

【女川・牡鹿】
 台風が通過後、波も穏やかになってきた。船釣りは夜にアナゴ、昼にアイナメ、カレイが楽しめるほか、タコの釣果も見込める。岸釣りは女川湾内でメバル、アイナメ。タナゴも型の良いものが揚がる。ヒラメシーズンはそろそろ終盤。

=女川町・佐々木釣具店090(6686)7811

【野蒜・奥松島】
 台風の影響でめぼしい釣果情報はなかった。カレイの乗っ込みシーズンが到来し、水温の低下とともに今後カレイ類とアイナメの釣果がさらに上向くと思われる。砂浜からの投げ釣りでイシガレイ、漁港回りではマコガレイが狙える。

=大曲浜つりえさ店0225(25)4774

【2017年10月26日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)