2017/10/21,22 劇団「球」、石巻公演

劇団「球」

萬画館で公演する劇団 球。(左から)今井さん、1人おいて小出さん、田口さん=2016年8月27日

劇団球、再び萬画館に
公演「エスケープ」
21・22日

 被災地支援に取り組む東京の劇団 球(主宰・田口萌さん)が、8月に続いて石ノ森萬画館(石巻市中瀬)にやって来る。

 21・22の2日間、「An escape(エスケープ)」を1階映像ホールで上演する。

 「エスケープ」は、田口さん作・演出のSF劇。地球に巨大な彗星(すいせい)が衝突するという設定。滅亡を前にした人類の選択が、それぞれの愛を絡めて描かれる。出演は田口さん、小出侑門さん、今井香澄さんの3人。

 「エスケープ」の開演時間は、21日が(1)午後4時10分、22日が(1)午前11時10分、(2)午後1時10分、(3)午後3時10分。各回30分公演。定員は各回40人。観覧料は無料。連絡先は0225(96)5055。

 劇団 球は、東日本大震災があった2011年に旗揚げ。「今を必死に生きていく」をテーマに作品を作り続けている。東北支援と銘打った公演は4年目。今年も8月に萬画館で行った。年に2回、萬画館で公演するのは、今回が初めて。

 主宰の田口さんは「仮面ライダーBLACK」のヒロイン役でデビュー。生みの親である石ノ森章太郎さんとの縁を感じ、萬画館での公演に力を入れている。

◆田口萌さん
 秋の石巻に行こうと決めたのは、ほとんど閃(ひらめ)き。11月のいしのまき演劇祭開催を意識したのが、きっかけ。今年夏に訪れた石巻に、これまでと違う感触を受け取ったのも確かです。
 言葉にするのは難しいのですが、被災した事実の上に立っている私たちを感じた時、震災はあってはならないことだったはずなのに、でもあの震災がなければ私は今、自分を動かしてここにいただろうかと。全ての巡り合わせに「存在」を感じました。今、私は生かされているという実感だったのかもしれません。どんな出会いがあるでしょう。楽しみにしています。

◆小出侑門さん
 8月とは違う、大人のドラマをお届けしたいと思います。ただ、変わらない思いは“生きる力”です。僕らが全力で生きることが、皆さんのパワーのほんのちょっとの助けになれば、うれしい限りです。待っててください!

◆今井香澄さん
 8月のいつもの遠征公演とはまた違ったお客様との出会い、反応、交流を楽しみにしています。一歩、会場に入れば、そこは宇宙航空開発センター長官室。どうぞお楽しみください!

【2017年10月20日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)