2017/10/14,15 秋の山野草展

秋の山野草展

会員が丹精して育てた作品を観賞する来場者

秋らしさ醸す250点
作品展示、きょうまで

 14日、石巻山野草愛好会主催の「秋の山野草展」が石巻市渡波黄金浜の黄金浜会館で始まった。15日まで。

 会員17人が丹精して育てた作品約250点を展示。花の形が「大」の字に似ているダイモンジソウや小さな釣り鐘状の花を付けるシャジン、白い実のアケビといった見頃を迎えた草花が並んだ。川並会長によると、夏の天候不順の影響で花物の出来が芳しくなかったという。それでも、愛情のこもった作品一つ一つが来場者の心を和ませている。

 会場には色鮮やかに紅葉したツタ類やハゼ類の山野草も並び、秋らしさを一層、醸し出している。

 川並秀五郎会長(73)は「作品から日本古来のわびさびを感じてもらいたいですし、心を癒やしに来てほしい」と話している。

 15日は午前9時から午後3時まで。入場無料。山野草の販売もある。

【2017年10月15日(日)石巻かほく掲載】


●秋の山野草展
 日時:2017年10月14、15日 午前9時~午後4時(15日は午後3時まで)
 場所:石巻市渡波黄金浜の黄金浜会館

 季節の山野草約250点を展示する。入場無料。

 石巻市山野草愛好会主催。

 連絡先は愛好会事務局090(1490)3874。

【2017年10月12日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)