2017/09/30~12/21 イオンシネマ石巻「シネフィル セレクション」

「スモーク」のハーヴェイ・カイテル

「スモーク」のハーヴェイ・カイテル (C)1995 Miramax / N.D.F. / Euro Space

良作6本上映
シネフィルセレクション
あすから、イオンシネマ石巻

 「シネフィル セレクション」が、30日からイオンシネマ石巻で始まる。12月21日まで計6本が登場する。鑑賞料金は1000円(税込み)均一。

 シネフィル セレクションはイオンシネマの特別企画。「知らなかった良作をスクリーンで」をテーマに、1本ずつ(約2週間)順次上映する。懐かしい“名画座”がよみがえる。

 田原正和総支配人は「石巻のファンにも隠れた名作を発見してほしい」と話す。

 上映日程は次の通り。

(1)9月30日~10月13日
「ぼくたちの家族」
(2013年、日本)
 母親の病気をきっかけに壊れてしまった家族の再生の物語。
 監督は「舟を編む」の石井裕也。出演は妻夫木聡、池松壮亮、原田美枝子、長塚京三ら。

(2)10月14日~10月26日
「アンダーグラウンド」
(1995年、フランス・ドイツ・ハンガリー・ユーゴスラビア・ブルガリア合作)
 ベオグラードを舞台に、第2次世界大戦からユーゴ内戦までユーゴスラビアの激動の歴史を描く。
 監督はエミール・クストリッツァ。カンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞。

(3)10月28日~11月9日
「SMOKE」
(1995年、アメリカ・日本・ドイツ合作)
 都会で暮らす人々の不思議な絆を描く。
 原作「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を書き下ろした米国作家ポール・オースターが自ら脚本も担当。監督はウェイン・ワン。主演はハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート。第45回ベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞。

(4)11月11日~11月24日
「ぼくの伯父さん」
(1958年、フランス)
 自由気ままに生きる伯父さんの日常を淡々と描く。
 人気喜劇作家ジャック・タチ監督・脚本・主演によるコメディー。第31回アカデミー賞外国語映画賞、第11回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

(5)11月25日~12月8日
「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
(2014年、アメリカ)
 究極のサンドイッチを売る旅をする元一流レストランのシェフを描くハートフルのロードムービー。
 「アイアンマン」シリーズなどの監督で俳優のジョン・ファヴローがメガホンを取る。

(6)12月9日~12月21日
「ショート・ターム」
(2013年、アメリカ)
 未成年の保護施設を舞台に生きる喜びを描いたヒューマンドラマ。
 監督はデスティン・ダニエル・クレットン。ロカルノ国際映画祭ほか世界中の映画祭や映画賞を席巻した。

【2017年9月29日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)