2017/09/10 Reborn-Art Festival フィナーレ「リボーンまつり」

カメラリポート

踊りの輪に笑顔広がる
リボーンアート・フェス、フィナーレ
石巻・中瀬

 牡鹿半島を主な舞台に、7月22日に開幕したアート・音楽・食で彩る総合祭「リボーンアート・フェスティバル2017」が10日、閉幕した。

 51日間にわたり、さまざまなイベントを通して、東日本大震災の最大被災地石巻を国内外に発信してきた。

 フィナーレのリボーンまつりは、石巻市中瀬公園で行われ、和やかな雰囲気の中、県内外から訪れた多くの観光客が大漁踊りを楽しむなどして、地域住民と交流を深めた。

■挑戦
 ユニークな踊り「リボーンおどり」をダンスカンパニー「コンドルズ」のメンバーから教えてもらい、挑戦する来場者

ダンスカンパニー「コンドルズ」のメンバーが踊りを教わる参加者


■制作
 石巻市の小中高生6人がワークショップで制作したやぐら。シカの角や海産物など、石巻を連想されるデザインになっている
石巻市の小中高生6人が制作したやぐら
■屋台
 特産品などを販売する屋台で、石巻の味を堪能する観光客ら
特産品などを販売
■魅了
 聴衆を魅了した音楽プロデューサー小林武史さんと、歌手Salyuさんによるライブ
小林武史さんとSalyuさんライブ
■参加
 石巻商工会議所女性会会員の指導を受け「大漁踊り」に挑戦する来場者
「大漁踊り」に挑戦する来場者
■盛況
 県内外の観光客と市民が一緒になって踊り、フェスティバルを締めくくった
踊ってフェスティバルを締めくくった

【2017年9月13日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)