2017/11/25,26 野球審判講習会「アンパイア スクール in石巻」

トップレベルに学ぶ
野球審判講習会
11月25、26日

 野球のプロ、トップアマによる審判講習会「アンパイアスクールin石巻」が11月25、26の両日、石巻市民球場を主会場に開かれる。

 日本野球機構(NPB)とアマチュア野球を統括する全日本野球協会(BFJ)が主催し、石巻市と石巻野球協会が共催する。市は2020年東京五輪に向け米国野球チームの事前合宿の誘致活動をしており、機運醸成につなげる。

 プロ野球の日本シリーズやアマチュア野球の国際試合のジャッジを体験した審判から技術指導を受けたり、経験談やさばくポイントなどを聞いたりする。

 東日本大震災で被災した石巻市は、創造的復興としてのスポーツ振興や20年東京五輪・パラリンピックの機運を高めることを目的に、佐藤茂宗副市長が7月に上京し開催を要望した。佐藤副市長は「自治体が共催する意義は大きい。最大被災地の石巻でスクールを初めて開催することに意味がある。野球の(盛んな)街であることを発信し、五輪のキャンプ地誘致につなげられれば」と話す。

 NPBとBFJは毎年、1泊2日のアンパイアスクールを関東地区で合同開催する。地方では昨年12月に宮崎市で開催したことがあるが、自治体が共催するのは初めてだという。

 応募資格は18歳以上で、審判経験は問わない。定員は80人で、受講料は宿泊料を含め1万5000円(宿泊不要の場合は6000円)。石巻市内や近郊在住者は優先的に参加できる。

 BFJのサイトで募集している。

【2017年9月13日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)