2017/10/01 第5回 復興支援ふれあい大芸能祭

大芸能祭、はねこ踊りや鬼剣舞
早めに入場券購入を
来月1日・東松島

 第5回復興支援ふれあい大芸能祭が、10月1日午後0時40分から、東松島市コミュニティセンターで開かれる。

 同市のふるさと復興大使・演歌歌手立花英樹さんをはじめ、寺崎はねこ踊り保存会、岩手県北上翔南高の鬼剣舞部、郡山市の逢瀬(おうせ)ひょっとこ連などが出演。郷土芸能や民謡、股旅舞踊などバラエティーに富んだ約4時間のステージを繰り広げる。

 サンフラワーの三浦敦夫代表(70)は「無料の芸能祭を含めると、今回節目の40回目を数える。大いに笑い、楽しんでもらいたい」と話している。

 入場料500円。市コミュニティセンターで販売している。早めの購入を呼び掛けている。

 東日本大震災後、2012年から石巻地方の被災者のために入場無料の芸能祭を月1回ペースで開催していたボランティア団体「ひがしまつしまサンフラワー」が主催。

【2017年9月10日(日)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)