2017/09/06~10 彫刻展示会

三人彫刻展示会

能面や獅子頭など、力作が並ぶ会場

伝統美で魅了!木工芸
愛好家、合同作品展
東松島・10日まで

 石巻地方の木工芸愛好家4人による初の合同作品展が、東松島市矢本の蔵しっくパークで10日まで開かれている。

 能面や獅子頭、鳥と魚が題材の一刀彫作品、津軽塗をあしらったひょうたんなど、出展者渾身(こんしん)の作品約130点を展示。日本の伝統美を感じさせる力作が並び、愛好者の目を楽しませている。

 出展者は、木村健人さん(75)=東松島市赤井=と杉山久男さん(87)=石巻市鹿又=、今野秀明さん(70)=同市丸井戸=、中谷裕さん(76)=同=。

 能面と獅子頭を出展した木村さんと杉山さんは、以前にも合同で展示会を開催しており、その際に足を運んだ今野さんと意気投合。その後、今野さんの知人中谷さんも加わった。

 4人は「大勢の人に来てもらい、手作りの木工作品の魅力に触れてほしい」と来場を呼び掛けている。

 時間は、午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。

【2017年9月9日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)