2017/09/02~08 つづく展2 ~ 写真撮影会「♯荻小なうに使っていいよ。」

写真撮影会「♯荻小なうに使っていいよ。」

ポーズを取る参加者と撮影する鈴木さん(手前)

荻浜小で写真撮影会
8日まで

 牡鹿半島を中心に開催中の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」の展示会場の一つである石巻市荻浜小で、写真撮影会「♯荻小なうに使っていいよ。」が開かれている。8日まで。

 撮影会は、「つづく展2」を開催する石巻に根付いた若手写真家4人が、日替わりで常駐し撮影を担当。石ノ森萬画館(石巻市中瀬)が協力している。

 現在休校中の荻浜小が本年度末に閉校になることが明らかになり、「卒業生に母校にもう一度足を運んでもらいたい」と企画した。

 参加者は、荻浜小に展示されているアート作品や校門の前などで、写真家と「ポーズはどうしたらいいですか」「さっきの笑顔よかったです」と会話しながら撮影を楽しんでいる。

 写真は画像データか2Lサイズのプリントで手渡される。

 2日の撮影会に参加した大壁良樹さん(77)=石巻市小網倉浜=は「プロの写真家に取ってもらい記念になった。自然にポーズが浮かんだ」と笑顔で話した。

 写真家の鈴木省一さん(40)は「地元の人たちがRAFに主体的に取り組むきっかけになってほしい」と述べた。

 撮影会は午前10時~午後5時半。参加費は500円。入場にはRAFパスポートが必要。

 原則として荻浜小の卒業生を優先的に撮影する。

【2017年9月5日(火)石巻かほく掲載】


荻浜小に行ってみよう!
つづく展2
きょうから写真撮影会

 石巻市荻浜小を使った撮影会が2~8日開かれる。石巻に根差し、「つづく展2」を開催中の若手写真家4人が、日替わりで常駐。希望に応じて撮影する。

 「♯荻小なうに使っていいよ。」写真撮影会で、石ノ森萬画館が協力する。

 現在、休校中で、「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」との共同事業で「つづく展」のメイン会場にもなっている荻浜小が、本年度末に閉校になることが明らかになったのを聞き、「地域のために何かできないか」と企画。荻浜小の好きな場所で、思い出の場所で撮影する。

 希望者は受付で申し出る。参加費500円。その場で「画像データ」または「プリント」を渡す。原則として荻浜小の卒業生を優先的に撮影する。

 時間は午前10時~午後5時半。

 連絡先は萬画館0225(96)5055。

【2017年9月2日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)