2017/08/20 女川から未来をひらく 夏の文化祭

女川で夏の文化祭
民謡や写真展、産直市
20日

 女川町の豊かな自然や文化を紹介し、町内外の住民に交流の機会を提供する「女川から未来をひらく夏の文化祭」(実行委員会主催)が20日、町まちなか交流館で初めて開かれる。入場無料。時間は午前10時~午後6時。

 竹浦地区の獅子振りや、女川町民謡舞踊連絡協議会の民謡・舞踊の披露、「女川海物語」写真展、県立支援学校女川高等学園の生徒たちが作ったレトルトカレーの販売など、多彩な催しがある。

 産直市のほか、食べ物や小物を販売するブースが出店予定。ゆっくりと話を楽しみながらハンドマッサージを体験できる「ちょこっと遊ぼう」、石や流木などを活用して工作を作る「自然と遊ぼう」などのワークショップも行われる。

 午後1時半から、東日本大震災後の福島県の漁師をクローズアップしたドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」(89分)上映会を開催し、上映後の午後3時から、新地町と女川町の漁師、山田徹監督のトークショーも。

 午後5時から新潟県柏崎市出身の歌手phoka(ホカ)さんのコンサートがある。

 連絡先は、荒井さん090(1107)6894。

【2017年8月12日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)