2017/07/01~08/27 海になったSAKANA 岩渕欣治展

木版画家・岩渕欣治さん作品

2014年「天空へ・FLY」

海の魚たち、長野に泳ぐ
石巻在住の木版画家・岩渕さん個展
朝日美術館

 木版画家・岩渕欣治さん(63)=石巻市日和が丘3丁目=の個展が、長野県朝日村の朝日美術館で開かれている。

 海の魚たちを擬人化した岩渕さんのユニークな木版画の世界が、海に面していない長野の人たちの目を楽しませている。「海になったSAKANA 岩渕欣治展」で、約70点を展示している。

 人間社会を風刺したような魚の群れ、大空を飛翔している魚たち、「夢追い人」と名付けられた何かを求めて勢いよく上昇している魚たちなど、いずれも想像力をかき立てる作品ばかり。石巻の名産ホヤをデフォルメしたような愉快な作品もあり、岩渕さんの感性、観察力によって表現された魚、海の生き物たちは、みな個性的で生命力にあふれている。

木版画家・岩渕欣治さん作品

2002年「HOYA」

 山に囲まれた長野の人たちにとって、これまで見たことがない魚たちの楽しい世界が広がっており、興味に尽きない作品展になっている。

 20、30代に制作した水彩画やデッサンも鑑賞でき、木版画家になるまでの歩みをたどることができる。

 現在、岩渕さんは車いす生活を送っている。2年前の夏、脳梗塞で倒れた。再び魚を彫れるようになることを目標に、今はリハビリに取り組んでいる。

 今回の個展は、朝日美術館からの声掛けで実現した。岩渕さんにとっても励みになったようで、先日は車いすで新幹線などを乗り継いで現地入り。遠く離れた長野の地に自分が制作した魚たちが気持ちよく泳いでいる光景に力を得ていた。

 会期は27日まで。開館時間は午前9時~午後5時。休館日は月曜。

 入館料は大人500円、高校・大学生200円、小・中学生100円。

 連絡先は0263(99)2359。

【2017年8月5日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)