2017/08/05 夏休みこどもツアー「谷川浜でホヤをとって!さばいて!食べて!体験」

子どもたち中心に体験
ホヤをとって、さばいて、食べよう
5日・石巻

 一般社団法人ピースボートセンターいしのまき・ほやほや学会事務局(石巻市中央)は、5日午前10時から「ホヤをとって、さばいて、食べて体験!」と題したイベントを石巻市谷川浜で開く。

 子どもたちを中心に、石巻地方を代表する海産物のホヤと触れ合ってもらい、ホヤの消費拡大につなげるのが狙い。

 日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環として1日体験プログラムを実施する。ホヤの養殖場を見学するほか、ホヤ養殖の仕掛け作りや調理方法を学ぶ。昼食では刺し身をはじめ、蒸しホヤや焼きホヤのほか、ジャムなどを付けた新食感も試してもらう。養殖業者の講話もある。

 県産ホヤは、全国の生産量の7割を占める。東日本大震災で壊滅的と被害を受けたが、復活。しかし、消費の7割を占めていた韓国が、東京電力福島第1原発事故の風評被害により、宮城などの水産物の輸入全面禁止措置を継続していることから、2016年には生産量の半数を超す約7600トンを廃棄処分している。

【2017年8月2日(水)石巻かほく掲載】


夏休み子どもツアー
◆ホヤをとって!さばいて!食べて!体験/8月5日(土)

夏休み子どもツアー!ホヤをとって、さばいて、食べて体験

 日本一ホヤの生産量を誇る宮城県で、子どもの味覚形成にも役立つとされているホヤの謎に迫る1日漁業体験プログラム。夏休みの自由研究にもぴったり。

 海ではどうやって育てているの?
 どうやって食べるの?

 ホヤが生まれる石巻市谷川浜で、漁師さんと一緒に体験!

 対象は、小学生の親子および、中学生以上23歳以下の若者。定員40人(最小催行人数20人)。

 午前10時~午後5時。集合・解散地は石巻駅。

 参加費は、小学生1000円(1人以上の大人の付き添いが必要)、中学生以上・大人2000円。ご自宅から集合・解散地までの交通費は含まれません。

 申し込み締め切りは、26日(水)午後5時。

 旅行社東武トップツアーズ株式会社主催、ほやほや学会、谷川浜ホヤ部会企画・協力。

 申し込み、連絡先はピースボートセンターいしのまき(田山)090(2853)5629。メールアドレスtayama@pbi.or.jp

【2017年7月20日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)