まちの自転車屋さん エンドーしんりん黄金浜店(石巻市渡波浜曽根の壱)

【2017年7月19日(水)石巻かほく掲載】

まちの自転車屋さん エンドーしんりん黄金浜店

一般車からロードバイクまでさまざまな種類の自転車を取りそろえる店内

◇初心者向け中心に多種

 一般向けからスポーツタイプまで、さまざまな種類の自転車が並ぶ。重点的にそろえているのは、初心者向けの商品だ。

 店長の遠藤和彦さん(31)は石巻市渡波出身で、東日本大震災の時は千葉県で会社員として働いていたが、4カ月後の2011年7月に退職し帰郷。父が営んでいた自転車店を継いだ。

 店の一角には、遠藤さんが利用客や地域住民と一緒に自転車で石巻地方を巡った際に撮影した写真が多く飾ってある。

 「店を楽しく長く続けることができるのも、仲間とつながりがあるから。紹介しているコースには、地域の人が知らないような穴場スポットもある」

 石巻地方など県内の被災地を自転車で巡る「ツール・ド・東北」や、人気漫画「弱虫ペダル」などの影響でロードバイクを買い求める人が増えるなど、幅広い年代で自転車に興味を持つ人が増えてきているという。

 遠藤さんは「修理の見積もりなどは無料で行っている。地域の人たちのために役立つ“まちの自転車屋さん”として、気軽に来てほしい」と語った。

地図:石巻市渡波浜曽根の壱129の9
■メモ
営業時間は午前10時~午後7時。
日曜・祝日は午後6時まで。
水曜定休。
石巻市渡波浜曽根の壱129の9。
連絡先は0225(28)7949。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)