2017/06/22~25 まんぼう画会「創立45周年記念展」

「朝のヨット」

東城さんの作品「朝のヨット」80号水彩(日本水彩画会展、東京都美術館)

まんぼう画会創立45周年
22日から
ナリサワ・カルチャーギャラリー

 絵画グループ「まんぼう画会」の創立45周年記念展が、22日から石巻市駅前北通り2丁目のナリサワ・カルチャーギャラリーで開かれる。

 東日本大震災を乗り越えて半世紀近くにわたって活動、石巻地方の絵画文化を育んできた。記念展には約25人の会員が、水彩画や日本画など合わせて約70点を出展する。回顧コーナーもあり、元会員の賛助作品が45周年に花を添える。

 会長の東城照夫さん(84)は「震災で離れていったりした会員もいるが、絵を励みにここまで歩んできた」と語る。

 まんぼう画会は1972年、石巻地方の小中高校の美術教師ら7人で結成。以後、一般市民も加わり、街頭展や歳末チャリティー色紙展など市民社会の中に飛び込んだ活動で、石巻地方の絵画文化に活気をもたらした。震災後は作品展を通じて市民に癒やしを与える一方、会場に震災奨学金募金コーナーを設置し支援活動にも力を入れてきた。

 会期は25日まで。午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。

 連絡先は東城会長0225(95)9185。

【2017年6月17日(土)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)