石巻市民フォークダンス同好会

なかま

◇教え合って楽しさ共有

 アップテンポのリズムだと思ったら一転、ゆったりとしたメロディーが流れる。曲が変わっても、メンバーは軽やかに体を動かす。

 「年齢や性別に関係なく、さまざまな曲に合わせて体を動かす。気心知れた仲間と踊ると楽しいよ」と鈴木勇三会長(75)はフォークダンスの魅力を語る。

 ギリシャやスコットランド、ルーマニア、アルメニア…。フォークダンスは世界各国の民族舞踊などに合わせて踊る。日本の民謡「大漁唄い込み」に合わせた踊りもある。一口にフォークダンスと言っても、踊り方は曲ごとに異なる。踊り方を知らなくても、知っている仲間から振り付けを教えてもらえる。

 鈴木会長は「最初はダンスを覚えるのが難しいかもしれないけれど、覚えることが面白いところでもあるんだよ」と言う。

石巻市民フォークダンス同好会

フォークダンスを楽しむ同好会のメンバー

 そんなメンバー同士で良好な交流を続けることで、同好会は今年、発足60周年を迎えた。

 会を長く維持するこつについて、鈴木会長は「懇親会を月1回程度開くなど、メンバー間の融和を図ることかな」と練習以外にもあると笑う。秋には元メンバーを招いた設立記念パーティーも予定する。

 新しい仲間との出会いも求めている。16日と23日の午後7~9時、石巻市石巻中央公民館で初級者講習会を開く。鈴木会長は「飛び込みでもいいので、興味がある人は参加してほしい」と呼び掛けている。

 活動は毎週火曜午後7~9時、石巻中央公民館大ホール。会員は約30人。メンバーを随時募集している。連絡先は鈴木会長090(1935)0711。

【2017年5月16日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)