川柳 (5/13掲載)

俳句

【水戸一志 選/評】

 川柳歴が長くなると、自分にしか分からない感覚をそのまま書くことはあまりしない。分かる表現にしたがる。

 ◎はお構いなし。何がどうなっているのか分からないが、この句は面白い。くちゃくちゃ噛(か)んでる顔を想像しよう。

===

  早業で次は九条マリオの手  (石巻市清水町・村田東馬)

  復興相フクシマ蔑視の本音出る  (石巻市築山・飯田駄骨)

  念願のスマホ最初に文字拡大  (石巻市北上町・那須野六男)

  夫の忌に栗駒山が美しい  (石巻市桃生町・佐々木久美子)

  予定表病院消すと真白け  (石巻市大門町・三條順子)

  これでもかサプリ値引きのコマーシャル  (石巻市桃生町・佐々木隆)

  年の功怒ったこともすぐ忘れ  (石巻市渡波町・小林照子)

◎ 歯を無くしタコが踊るよ口の中  (石巻市元倉・小山英智) 

【2017年5月13日(土)石巻かほく掲載】

■作品を募集中/短歌、俳句、川柳を明記

 短歌、俳句、川柳を募っております。皆さんの力作をお寄せください。

 募集要項は次の通りです。

 短歌、俳句、川柳とも必ずはがきを使い、1枚に3首・句まで。いずれも自作の未発表作品に限ります。作品は返却しません。

 作品と同じ面(裏面)に氏名(筆名の場合は本名も)・住所・年齢(学年)・電話番号を記し、〒986-0827石巻市千石町4の42、三陸河北新報社編集部・文芸係(短歌、俳句、川柳を明記)まで。連絡先は0225(96)0321。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)