posy花の教室(石巻)

なかま

◇リースや押し花楽しむ

 生花をリアルに再現したアーティフィシャルフラワーと呼ばれる造花を使い、リースや額などの制作を楽しむ。生花で押し花も作る。約15年前から講師の折田洋子さん(77)が石巻市開北3丁目の自宅の一部を改築して始めた。現在、7人で活動している。

 メンバーたちは花の色合いや組み合わせを話し合いながら作品を仕上げていく。完成した作品はそれぞれの自宅や勤め先に飾ったり、プレゼントしたりするという。

 毎年11月上旬に石巻地方で作品展を開催、額縁アートや正月飾りなどの力作が展示・販売されている。東日本大震災後は一時活動を自粛していたが、2011年9月から再開した。

posy花の教室(石巻)

色鮮やかな作品に囲まれるメンバーたち

 押し花に使う材料は、自宅の庭やプランターなどで苗から育てたものや、山や野原に自生する木の実、草木を利用する。折田さんは「花の種を教室生と交換したり、素材を収集したりするのも楽しい」と話した。

 折田さんは以前、子ども向けの書道教室を自宅で開いており、教室内に趣味で作った押し花やリースを飾っていた。それが保護者から好評だったことから教室を始めたという。

 10年以上参加しているメンバーは「いい仲間に巡り合うことができたので、長く続けられている。細かい作業をするのでぼけ防止にも役立つ」と楽しそうに話した。

 教室は石巻市開北3丁目の折田さん宅。毎週木曜日の午前9時半~午後1時。会費は1回2000円。材料費は別途。

 連絡先は折田さん0225(93)0097。

【2017年5月2日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)