なかみちや(東松島市矢本上新沼)

【2017年4月19日(水)石巻かほく掲載】

なかみちや

天ぷらが看板の和食店。店主の猪狩さんが出迎える

◇天ぷら定食、お得感満点

 天ぷらを看板メニューにする創業50年の和食店。2代目の店主猪狩栄二さん(50)と妻、母が切り盛りする。

 天ぷら定食はエビ2本、キス、イカなどの海鮮物と、ナス、サツマモイモ、ピーマンの天ぷらをメインに、小鉢3品とごはん、みそ汁などが付いて1350円。ボリュームもお得感も満点だ。

 「そば、うどんもおいしい。うなぎも絶品」と常連客から評判を呼ぶ。父の洋八郎さん(73)から引き継ぎ、30年以上になる自慢のつゆやタレが味を引き立てる。

 暖かくなるこれからの季節は、天ざるそば1050円や、そば(うどん)定食1050円がお薦めだ。手軽な値段で楽しめる丼をはじめ、メニューも豊富。家族連れから高齢者まで世代を超えて楽しめる。

 東日本大震災では店内に津波が押し寄せ、大きな被害があったが、常連客らの後押しもあり、3カ月後には営業を再開した。猪狩さんは「お客さんの喜んだ顔や『おいしかった』という声にどれほど励まされたか」と感謝を込めて振り返る。

 「地元の皆さんにこれまで以上に愛される店を目指していきたい」と意欲を燃やしている。

地図:東松島市矢本上新沼1の2
■メモ
営業時間は午前11時半~午後8時。定休日は毎週木曜日。
宴会も受け付けている。
東松島市矢本上新沼1の2。
0225(82)3113。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)