「バンド維新 2017」航空自衛隊航空中央音楽隊

ディスクルーム

「バンド維新2017 - ウィンド・アンサンブルの現在」

「バンド維新2017」航空自衛隊航空中央音楽隊(UCCS-1715)

バンド維新2017

 日本を代表する作曲家による吹奏楽の新作を発表する静岡県浜松市の「バンド維新」(浜松市文化振興財団主催)は、2017年3月で10周年を迎えた。この時に発表された8曲を、航空中央音楽隊が収録した。

 西村朗、北爪道夫、松下耕、池辺晋一郎ら世界的な作曲家たちが吹奏楽のために書き下ろした。4分から8分弱の小品ばかりだが、内容は充実している。

 特に池辺の「石は主張する-吹奏楽のために」は印象的だ。吹奏楽ならではの楽器とも言える金管楽器のユーホニアムが活躍し、独特な響きで魅了する。

 アマチュアが中心になって支えている日本の吹奏楽は、コンクールを意識した似たような曲調の作品が多い。こうした活動の中から、後世に残る名作が生まれてくるに違いない。(木)

【2017年4月11日(火)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)