2017/03/18~06/25 石ノ森萬画館・特別企画展トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅

トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅

萬画館特別企画展・トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅のチラシ

トンコハウスの世界紹介
「ダム・キーパー」中心に展示
あすから、石ノ森萬画館

 石ノ森萬画館(石巻市中瀬)の第65回特別企画展トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅が、18日から同館2階企画展示室で開かれる。

 トンコハウスは、世界的な映像制作会社「ピクサー」でアートディレクターを務めた堤大介さんとロバート・コンドウさんの2人が設立したアニメーションスタジオ。処女作の「ダム・キーパー」は2015年のアカデミー賞にノミネートされて話題になった。

 本展では、短編「ダム・キーパー」のアートワークを中心に、広がり続けるトンコハウスの世界を紹介する。アメリカを拠点に活動している彼らの作品展は、国内ではなかなか見ることのできない貴重な展覧会だ。

 会期は6月25日まで。開館時間は午前9時~午後6時。休館日は第3火曜日。

 会期中、連日「ダム・キーパー」(約18分)、「ムーム」(約13分)の特別上映がある。

 観覧料金は大人800円、中学・高校生500円、小学生200円。未就学児は無料。

 連絡先は0225(96)5055。

【2017年3月17日(金)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)